2019年07月31日

いったいいくつまで働けばいいの?法律ってどうなの。

皆さんこんにちは

最近になって道後には20,000,000円も必要だとか

歳を重ねることへの不安が色々と取り沙汰されている中

えー!私は一体いつまで働けばいいの?と不安になっている方もいるかと思います。

実は高年齢者等の雇用の安定等に関する法律というのが制定されています。

通称高年齢者雇用安定法といいます。
中高年齢者等の雇用の促進に関わる特別法として1971年に制定され1986年に定年制を直接規制する対象とする法令としてかいされました。

これによりますと「事業主がその雇用する労働者の定年の後の定めをする場合は60歳を下回ることができない」
とあります。

つまり60歳までは絶対に働かなくてはいけないと言うことなんでしょうね。

そして近年「継続雇用制度」についていくつか改定され すでに施工されています。(平成2013年4月1日施行)
定年の定めがある場合65歳までの安定した雇用を確保するため以下の措置のいずれかを講じなければならない。

@定年の引き上げ
A継続雇用制度の導入
B定年の定めの廃止

この法令は 定年を65歳に引き上げる事を義務化しているわけではありません。

と申し訳程度に 注釈書いてあります。

しかし 20,000,000円貯めると言うのは馬鹿げています。

なぜなら必死になって節約をして 20,000,000円貯めたとしてもあなたがおじいさんやおばあさんになる頃にはそのお金は20,000,000円の価値はありませんから

お金を魂でシステムを作ると言うことで 投資信託をしましょうと言私たちには長い長い人生が待っています。健康に気をつけて体をメンテナンスして健やかに柔らかに生きていくことがきっと望まれているんでしょうね。

関連記事



ファイナンシャルプランナー





posted by 癒しの仙人 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月30日

やっぱりもうちょっと 痩せたい!タバタ式トレーニング

みなさん こんにちは

やっぱり 夏が来る度

ちょっと痩せたいなーと思いますよね?

そんな心とは裏腹に 年代と共に痩せれなくなる身体。。

今日はそんな方に とっても簡単に痩せれる「タバタ式 トレーニング」の本のご紹介


無駄な努力はしたくない方にピッタリです。

もともと海外のフィットネスをする方々に流行したTABATA PROTOCOL

逆輸入状態となって 日本に入ってきたそうです。

実は考案したのは日本人 スピードスケートの日本ナショナルチームのコーチだった入澤孝一さんです。

そのトレーニングのエビデンスを論文にしたのが著者 田畑泉さんです。

10秒休んで 20秒運動 を8回で1セット4分 週二回

こんなんでいいの?という驚きの内容です。

もちろん 実践トレーニングも写真付きで掲載されています。

金メダルの 清水宏保さんや 格闘技の川尻達也さんの掲載されています。

痩せているかどうかということも大切ですが

年を重ねては 筋肉の維持は長い人生の課題でもあります。

証拠のないものは 信用しない性分なので 似たような考えの方

コーチや ジュニアのスポーツにかかわっている方

そして 花嫁さんなんかにおすすめです。

あっ そうそう キンドルで読む方は iPadで読んだ方が読みやすいですよ











posted by 癒しの仙人 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年07月20日

そもそも人間は カッとして怒鳴ったりしない

みなさんこんにちは

貴方は怒りっぽい方でか?

他人を怒鳴ったことがありますか?

ついかっとなって怒鳴っってしまったと

おっしゃる方がいらっしゃいますが

実は人間は脳科学的に

かっとなって怒鳴るという事はできないんです。

人は 説明のつかない事や  説明の困難な事に

遭遇したとき

相手を思い通りにしたい、支配したいと思い

怒鳴るのです。

簡単な例をご紹介しましょう。

子供とお母さんが 同じ部屋にいます。

そろそろお昼です。

ご飯の支度を始めなくてはなりません。


お母さん「そろそろおもちゃを片付けようね、ご飯だからね」

子供はおもちゃに飽きて テレビ見ています。

子供  「うん、これ見たら後でやる」

お母さん「もう ご飯だから 早く片付けなさい」

子供 「だから ごはんまでにやるよ」

お母さん「いい加減にしなさい!何回言ったらわかるの!早く片づけなさい怒り(ムカッ)怒り(ムカッ)


子供は 何度も 片付けをすると言っています。

でもお母さんは 今すぐ子供を動かして 片付けをさせたいのです。

自分の都合で今すぐ片付けさせるのは理不尽だと知っていますから

論理的に説明がつきません。

なのでどうしようもなくなり「怒り」を選び怒鳴るのです。

勝手脳が怒るのではなく 自ら怒りを選択するのです。


こんな風に 自分では無意識のうちに 人を支配しようとして

人は怒鳴ったりします。


だから怒鳴られても気にする必要はありません。

そして 怒鳴る事もありません。

怒鳴ったりする負の感情は 脳をとても傷つけます。

自傷行為に等しい危険なことです。










posted by 癒しの仙人 at 09:44| Comment(0) | 日記